慢性腎臓病(CKD)

慢性腎臓病(CKD)

慢性腎臓病(CKD)は両側あるいは片側の腎臓の機能的および/あるいは構造的な異常が3ヶ月以上継続している状態と定義されています。腎臓の機能とは、身体にとって必要なものを身体に残し、不要なものをおしっことして出すことです。

それが壊れてしまうということは、老廃物が身体の中に溜まってしまったり、逆に身体に必要な水分がどんどんおしっことして出ていってしまいます。

CKDは治る病気ではありません。しかし早期に診断し治療することで、生存期間や生活の質を改善できることが明らかになっています。

心臓病や腫瘍とならんで、中高齢以降のねこちゃんにとって生命を脅かす病気です。

 

原因

様々な腎臓の病気(糸球体腎炎、間質性腎炎、腎盂腎炎、家族性・先天性腎疾患、FIP感染症など)が原因となって、腎臓の障害が慢性的に進行することで発症します。

 

症状

症状は病期(ステージ)によって異なります。

 

 

治療

原因になっている病気、診断されたときの進行の程度、合併症の有無などで変わってきます。

初期のCKDの場合、腎臓病のために調整されたごはん(腎臓病療法食)を用いた食事療法が中心となります。また、おしっこの量が増えて脱水になりやすいため、新鮮なお水が十分に飲めるような環境を整備してあげます。

進行すると、様々な症状がでてきてしまいますので、その症状にあわせた治療を加えていきます。