フィラリア症

わんちゃんにはフィラリア症があるのをご存知の方も多いと思いますが、実はねこちゃんにもフィラリア症はあります。わんちゃん同様、ねこちゃんもフィラリアに感染した動物から吸血した蚊に刺される事で感染しますが、わんちゃんはフィラリアの成虫が心臓や、肺動脈に寄生することにより症状が出るのに対し、ねこちゃんの場合、わんちゃん同様、成虫が症状の原因となることもありますが、フィラリアが成虫に成熟する前の段階で症状がともなうことがあります。

症状は一定せず、無症状のものから重症になるものまでさまざまです。

治療もわんちゃんに比べて難しく、リスクを伴うため、予防がとても重要となります。

 

原因

蚊の吸血時にフィラリアの子虫が、ねこちゃんの体内に侵入することで感染します。子虫は体内で成長し、未成熟虫となり、その後最終寄生場所である肺動脈に移行して成虫になりますが、その過程で様々な症状がでることがわかってきています。

 

症状

無症状の場合もありますが、元気消失、食欲不振、咳、呼吸困難、嘔吐など様々な症状を示します。ねこちゃんはわんちゃんに比べてフィラリアに対する免疫反応が強く現れるため、寄生数が少ないにも関わらず、激烈な症状を起こし、わずが1匹の寄生でも死亡することさえあります。

 

治療

症状に応じて対症療法を行います。

外科療法や駆虫薬投与を行う場合もありますが、リスクを伴うため予防がとても大切です。