c/dマルチケアコンフォートレポート

<猫用>c/d マルチケア コンフォート

 先日、本院でc/dマルチケアコンフォートのセミナーが行われました。

c/dマルチケアコンフォートは今までのc/dに加え、特発性膀胱炎の原因の1つと考えられている「ストレス」を緩和する効果も入ったごはんだそうです。

では特発性膀胱炎の原因とc/dマルチケアコンフォートの特徴を紹介していきたいと思います。

特発性膀胱炎

猫の下部尿路疾患には、尿結石や尿路感染、尿道栓子、特発性膀胱炎などがあります。

この中で、もっとも多いのは「特発性膀胱炎」であり、下部尿路疾患の55~64%を占めています。

特発性膀胱炎は再発率が65%あり慢性化しやすいそうです。また、原因の中に、年齢やストレスも関係してきます。

まず、年齢では若い猫に多くみられ、1歳以上から6歳の猫に特発性膀胱炎が多いそうです。

次に、ストレスですが、特発性膀胱炎のもっとも大きな原因として考えられています。

発症しやすい猫の特徴として・・・

・トイレが汚い

・不適切な場所での排尿

・狩り行動の欠如

・肥満傾向

・完全室内飼育

・飲水量が少ない

・運動量が少ない

などがあります。

また、慢性ストレスを抱えてしまう猫の特徴として・・・

・緊張しやすい性格

・同じ家庭にいる他の猫よりも怖がりである

・来客時に隠れることが多い

・引越し

などが上げられます。

特に引越しはストレスの高い出来事になるそうです。

c/dマルチケアコンフォートの特徴

「<猫用>c/d マルチケア コンフォート」は、ストレスを管理し特発性膀胱炎のサイクルを止めることができるそうです。

ごはんの中には、L-トリプトファンと加水分解ミルクプロテインが入っており、

L―トリプトファンとは、不安や興奮を抑制・L-トリプトファンから生成ストレス兆候を減少させるセロトニン物質で、

加水分解ミルクプロテインは脳内のGABA受容体に結合し、ストレス症状を軽減してくれるそうです。

また、膀胱内の炎症の悪循環を断ち不快症状の軽減に役立つオメガー3脂肪や、膀胱内壁粘膜組織を構成するグルコサミノグリカンも配合しています。

塩分も控えめで長期に与えても安心で、嗜好性も高いごはんだそうです。

ぜひ試してみたいという方はお気軽にスタッフに問い合わせください。